介護フランチャイズ会社を利用するなら|やさしい手がお勧め

需要が高まるデイケア

様々なノウハウを提供

模型

やさしい手のフランチャイズ本部では、加盟店を募集しています。
やさしい手は創業51年の老舗介護サービス会社で、豊富な経験と知識・業務管理システム・研修制度で加盟店オーナーをサポートしています。
開業前だけでなく、開業後にも専門スタッフが業務ごとの、細かなアドバイス提供を実施しているのが特徴です。
介護職や開業経験がなくても、まとまった資金を用意できればスムーズに経営の乗り出すことができます。
実績ある介護サービス会社であるため、金融機関の融資も受けやすいのがメリットです。
やさしい手はデイケア・訪問介護・訪問入浴・高齢者向け住宅・介護用品レンタルなどの加盟店を募集しています。
その中でもデイケアサービスは直営施設17箇所・加盟施設181箇所と全国に展開しています。
デイケアサービスは、在宅で介護を受けている要介護者の中でも、医療を必要としていない高齢者をターゲットにしています。
同年代の仲間と話ができることからストレス解消にも繋がるので、高齢者に人気です。
やさしい手では、今後益々需要が高まるデイケアサービス施設を充実させるために、加盟店オーナーに満足してもらえるサービスを提供し続けています。
開業に必要となる資金は約300万円です。
デイケアは民家を活用できるので、住んでいない空家を所有している人に有利です。
空家を所有していない場合も、中古住宅を入手することで少ない資金で始めることができます。
注意することは、多くの高齢者や高齢者の家族が通うので、近隣住民の理解を得ることです。
やさしい手は地域への配慮の仕方や、雇用するスタッフ求人・スタッフに満足感を与える給与体系など、様々なノウハウも提供しています。

幅広い事業を展開している

車椅子

高齢化社会がますます進む日本では、介護施設や老人ホームの不足が問題化しています。
そこで政府では在宅介護を推し進める方向へ向かっています。
しかし在宅介護は家族の負担が大きく、充分な介護ができない恐れがあります。
それを支援するのが「やさしい手」という名前の在宅介護フランチャイズです。
在宅介護支援の「やさしい手」は全国に広がっていますが、は元々看護師や家政婦の紹介事業を行ってきた会社で、50年以上の実績があります。
その実績を元に在宅介護支援サービスを手がけているのです。
「やさしい手」のフランチャイズ店になるためには、まず加盟料を知る必要があります。
色々な介護支援サービスのフランチャイズがありますが、相場をまず調べます。
次に大事なのがロイヤリティです。
ロイヤリティというのは月々の売上げから本部に支払う費用です。
これもフランチャイズによって金額が違ってきます。
加盟料とロイヤリティを調べるだけで、収益を上げられるかどうかがわかってきます。
ビジネスとしてやっていけるのが「やさしい手」の特徴です。
訪問介護の事業を起ち上げる場合の初期資金は約300万円で、ロイヤリティは5パーセントとかなり抑えてあります。
初めて介護事業を行うには適しています。
「やさしい手」では様々な介護事業を扱っていますが、例えば訪問マッサージの場合は初期費用が120万から始められます。
このように初めて介護支援事業を起ち上げる場合、「やさしい手」のように幅広い事業を行っているフランチャイズの方が有利です。

フランチャイズだから安心

模型

超高齢化社会を迎える日本では老人ホームなど多くの施設不足が不安視されています。
入りたくても入れない老人ホーム、受けたくても順番待ちが長い支援など問題があります。
NPO法人やボランティアだけでなくビジネスとしても成り立つのが介護の仕事です。
株式会社やさしい手では介護付き住宅、在宅サービス家事代行サービスなどを行っています。
やさしい手ではほかにもコンサルティングビジネスを行っていて、提供サービスにフランチャイズがあります。
やさしい手では、初めて介護施設や介護ビジネスを行う人でも、安心して経営できるように様々なサポートを行っています。
介護施設を運営するにおいて必要な知識はもちろんのこと、ヘルパーさんの技術力アップのための研修や訪問介護の研修など、充実した研修制度を設けています。
また、実際に経営をスタートしてからも、十分にサポートが受けられるので安心です。
困ったときや疑問がある場合は、経験と知識のあるベテランスタッフが質問に答えてくれます。
また、独自の介護ソフトも開発しており、ヘルパーの管理や給料支払いといった業務まで幅広く対応しています。
なお、一般的に開業までにかかる準備時間は、1年くらいとされており、最短で半年で開業できたケースもあります。
介護施設をやさしい手のフランチャイズでオープンさせたい場合は、まずは資料請求をして情報を集めるとよいでしょう。
また、さらに詳しい情報や直接話が聞きたいときは、各地で開催されるセミナーに参加してみるのが一番です。
セミナーは無料で開催されており、先着順の申し込みとなっているため、早めに連絡を入れるようにしましょう。