介護フランチャイズ会社を利用するなら|やさしい手がお勧め

介護事業への参入

経営安定のためには

模型

ここ最近、会社の新規事業拡大の一環として、介護事業への新規参入が増えてきました。
元の会社自体は介護とは関係のない、外食産業であったり、販売業であったりと様々ですが、これから訪れる少子高齢化社会の手助けになりたいという経営者の思いが、介護事業への参入を決めています。
異業種から介護事業に参入するにあたっては、やさしい手のような大手介護事業者とフランチャイズ契約を結び、経営ノウハウを仕入れることが一般的となっております。
介護事業者として利用者の家族から希望されているのは、当然のことながら経営の安定です。
訪問介護、デイサービス、そして高齢者住宅のいずれにせよ、利用者を預けるからには長期間にわたって預けられるようなところでなければならないですし、経営が不安定なところに預けるのは不安なものです。
安定した経営のためには、質の高い介護サービスとスタッフの定着が必要不可欠です。
やさしい手のような大手介護事業者であれば、介護サービス、スタッフの育成について優れたノウハウをもっています。
なので、やさしい手のメソッドを取り入れることで、早期に経営の安定を図ることができます。
やさしい手は今や全国で介護事業を行っている業界最大手のひとつです。
やさしい手では介護サービスと同じくらいフランチャイズ事業に力を入れております。
実際にやさしい手では定期的にフランチャイズ事業の説明会が開催されており、介護事業参入を考える企業が多く参加しております。

綿密な事業計画

介護

やさしい手のフランチャイズに申し込む前に、介護事業について学んでおく必要はありません。
やさしい手ではこれまで介護事業に全く縁がなかった人や企業でも開業できるように、きめ細かなサポートシステムができあがっているからです。
しかし一口に介護事業と言っても通所介護や訪問介護、高齢者住宅など様々なものがあります。
この中で一番初期投資が少なくてすむのが訪問介護で、通所介護や高齢者住宅は初期投資がかなり必要になります。
どれを始めたいかは考えておいた方が良いでしょう。
やさしい手のフランチャイズに加盟したい場合には、電話やメールで申し込みを受け付けています。
申し込む前に詳しいことを知りたいという場合にはHPから資料請求することが出来、その時に電話説明や訪問説明を申し込むこともできます。
住んでいる場所で事業を始めるとどのくらいの顧客が見込めるかや、どのような規模で事業を始めると良いかなど丁寧に説明してもらえます。
しっかりとした事業計画を立ててから始めることができるので、どのくらいたてば初期投資が回収できるのかなどもわかります。
またこの段階で収益があがらないことがわかれば事業を見直したり、介護事業に参入するのをやめることもできます。
やさしい手のフランチャイズに加盟することが決まれば、行政に対して指定申請の事務手続きを行うサポートやスタッフの募集や研修、顧客を集めるための営業をサポートしてもらえます。
スムーズに開業準備ができ、短い期間で事業を始められます。

開業までの流れとは

介護士とシニア

やさしい手とは、介護に関する様々な事業を展開している会社です。
住み慣れた地域、場所で暮らすために、在宅介護、訪問介護、訪問入浴、福祉用具のレンタル、高齢者住宅など様々な事業を展開しています。
やさしい手の事業展開は、基本的にフランチャイズ方式で行われています。
フランチャイズ方式のため、地域にあわせた介護サービスが展開しやすく、経営者の考えが反映させやすくなっています。
経営する側としては、資金が少なくてすみ、ノウハウを提供してもらえるというメリットがあります。
やさしい手をフランチャイズ展開するためには、まずやさしい手のセミナーに参加する必要があります。
基本理念やフランチャイズについてを知ってもらうためにも、まずはセミナーに参加し、概要をつかんでもらう必要があります。
全国で開催されているので、日時や場所をチェックして参加しましょう。
その後、個人面談とヒアリングを行います。
より詳しい事業内容について説明し、相談者の意向などについてもヒアリングを行います。
そして、事業計画について作成し、市場調査や収支表も作成します。
このような事前資料に基づき、契約の意向が固まったら契約前の説明を行い、開催予定地の最終事業計画書を作成します。
その後、契約、コンサルティングの申込みにすすみ、人員確保や設備の準備などの具体的な開業準備に移ります。
その後も定期的なサポートが受けられるため、安定した経営が可能となります。